高い塾代を払って努力した結果がやっと報われた

勉強
中学生の長女は友達も多く、学校生活も楽しいと問題もなく楽しい中学校生活を送っていますが、中学に入学してからの定期テストで納得できるような結果が出ずに本人もとても悔しがり悩んでいました。

国語や英語は得意なので問題がないのですが、理科と社会が何よりも苦手で、社会の歴史は興味がない事や理科の化学式などは苦手なようで一年以上、平均点ギリギリの点数しか取れませんでした。一年生の夏休みから塾に通いはじめ数学と英語、テスト前には国語と社会、理科も授業を受けましたが、嫌いな科目になると覚えるのが遅く何回問題を解いてもできない自分に本人も嫌気がさしているように見えました。

一年近く塾に通ったものの結果はなかなか出ず、何より高いお金を払って塾に行っているのに本人は家ではスマホばかり触っている状態が続き、親の目から見ても塾にはきちんと通っていますが一生懸命勉強しているようには見えなかったので、次の期末テストで5科目どれか1つでも平均点が取れなかったら塾はやめる、スマホも没収と半ば強引に私が決めてしまいました。

本人は泣いていましたがとにかくやる気が見えないこと、スマホの時間が長すぎることを伝え、本人も危機感は感じていたようなので、その日からスマホは勉強前と寝る前の15分ずつと決めてそのほかの時間はスマホを見ることは禁止しました。その日から娘自身もやる気になったのか、スマホを没収されないために勉強しなきゃという気持ちになったようで親の目から見ても今までで一番頑張って勉強するようになり、塾にも自分から時間があれば自習室に勉強しに行く日々を続けました。

そして期末テストを受けたところ、問題が今までよりも難しく本人は自信があまりなかったようですが、ずっと苦手だった理科のテストで初めて82点を取ることができました。得意な英語や国語でも大体70点台だったので80点台を理科で取れたことは本人もかなりうれしく自信になったようで、高い塾代を払いやる気がない娘に怒鳴ることもありましたが、やっと良い結果が出て娘も喜び苦労が報われました。

定期テストは終わりましたが、娘は自分でスマホを使う時間を決めて今までのように何時間もスマホに集中することがなくなり、自ら勉強もやる気になったようなので長い道のりでしたが頑張って塾に通わせて勉強させたかいがありました。